花嫁のを姓名しないとしても

そしてもう片方は手を握っています。

自分の考えに何か問題があるとは感じていなかったし

000人以下のほぼ一人であるので、結愛のオフィスは確かに悪くないでしょう。したがって、女が結愛の事務所に向かって歩いたとき、彼の顔はいつも微笑みました!
image_154.jpg

ご存知のように、彼女はこのような職業経験を積んできましたが、実際、彼女は長い間卒業していない単なる学生です。それは完全に男のためですが、瞬く間に、彼女はそのような大規模なオフィスを持っていますが、私の心はまだ少し興奮しています!女は、男の事務所から出て、女を見た後、すぐに仕事を止めて女を見るために立ち上がった。
ミューさん!
女は最初にショックを受けました、しかしすぐにこれらの3人が結愛の元アシスタントであったことに気づきました、そして、彼女は現在結愛の一時的な位置を始めています、それは彼らが今も彼女であるということですか?管理しました!

「それで、私は最初に事務所に行かなければなりません。」
関係ない、最初に誘惑をテストしなさい、それが本当に彼女であれば、それは少し表示されるはずです!案の定、女の言葉の後、駿は女にやってきた、
「ミューさん、お見せしましょう。さて、あなたを紹介させてください。」
さて、駿の反応は彼女の心の中で彼女の考えを賞賛するのに十分です!-それについて考えてください、彼女は実際には今アシスタントを持っています、そして私の心は本当に興奮しています!

結婚したくないと思いますか?

しかし、間もなく、女の心の中での興奮は一人で一掃されました!それが働く能力であろうと、あるいは大統領の仕事への精通度であろうと、彼女は結愛のアシスタントに匹敵しません!したがって、彼女はまだ一生懸命勉強するためにこれらの少数の人々に従った!アシスタントか何か、またはそれを脇に投げます!

まあ、ありがとう!

「ミュー嬢は丁寧すぎる、これは私たちがやるべき仕事です!グ・シャオはすでにチュー氏が欠席していた間、ミュー氏は一時的にチュー氏の職に就いたので、元チュー氏でした。アシスタントの人は今度は当然あなたのアシスタントを女女に変更しようとしています。」
駿は女と一緒に結愛の前に事務所に向かって歩き、彼が女を見たときに微笑み、そして彼の前の方向を注意深く彼に思い出させ、女をずっと紹介することさえ忘れなかった。チュー・ユェもまた、古くからユ・ユェンのスタイルに慣れてきたので、ユ・ユェンのオフィスとスタイルが似ているので、チュー・ユエのオフィスで家具を見たとき、彼は次のように感じました。ほとんど少し違和感がありますが、スピードは順応が早いです。


「ミューさん、私たちは外にいます。あなたがする必要があるものがあれば、私たちは直接私たちを見つけることができます!」

駿が終わった後、彼は無錫の事務所を去ることを計画しました。結愛が会社にいたときも同じことが言えましたが、仕事が必要ないのであれば自分の仕事だけで、結愛から電話がなければ何気なくやって来ることはできません。
待って
女が駿の去る意思を見たとき、彼は駿の足跡を即座に止めて止め、疑いを持って彼女のことを見て戻った。

「私はどうやって私に尋ねるべきかわからないけれども、私はまだ私の心の中で好奇心を我慢できない!私が尋ねることができる、あなたがあなたが私の助手にならなければいけないことを知ったときあなたは不平を言いますか?」

それが以前に拓真に置き換えられた場合、または部門の階下にいる同僚であれば、女はそのような質問をしないかもしれませんが、彼女は駿の前にいます。それゆえ、彼女は自分の問題に直面しても、駿が彼女に本当の答えを与えると信じています!結局のところ、私は当分の間だけここに滞在しましたが、女の心の深さの中で、まだ自分自身と仕事をすることに慣れていない人々は彼らの心の深さに自分自身について不平を言っています。
「どのようにして、女はこの質問をすることができますか?」


image_154.jpg 以前の考えを取り戻すことにしました。 以前の考えを取り戻すことにしました。