花嫁のを姓名しないとしても

咲希は自然に興味をそそる人ではなかった。


「心配しないで、私はできるだけ早く世界で最も権威のある専門家に連絡します。あなたが準備ができている限り、あなたはあなたの叔母に相談をすることができます!」
女がこの時点で男のオフィスにいて、男と婚約者の結婚相手の間の対話を聞いたとすると、男と婚約者の結婚相手が言っていることを理解できなかったとさえ感じるかもしれません。しかし、唯一のポイントは、女が彼らが話しているものが必然的に葵と関係を持つことを確実にすることであるということです。
男が電話を切って、結婚相手のさんの電話が外から出るのを聞くと、男は見上げて、女がたくさんの情報を持っていてドアを押して中に入るのを見た。あなたが他の誰かを変えるならば、どのようにあなたは男の許可なしに直接ドアを押すことをあえてすることができますが、入ってくる人は誰でも麻雀です!
女の到着の初日になると、彼はいつでも男から彼のオフィスに入ることを許可されていましたが、これは女がオフィスに入るだけで男の外観が整理できないのを見るためです。
何が問題なの、どうしたの?
女はすぐに男の前に行き、男の前のテーブルの上に手で書類を置きました。男にそのような外観を明らかにさせるのは、それほど単純なことではありません。自分の目の前で突然の姿を見て、自分の憧れを見て、男の元の心は、突然明確な春のバーストを振りかけていたようだ、彼の心にブロックされている、突然浚渫するようです。

女は長い間女を見ていました、そして、彼が顔の心配がますます厚くなっているのを常に見ました。その力は彼の体に無錫を埋め込むようです!女は突然男に引き継がれ、何人かは男の胸に直接引っかかったこともありますが、かすかな痛みを伴うことさえありましたが、今度は女、しかしまったく気にしていませんでした。あなたはどうしたの!なぜ現時点で男はそれがとても無力なように思われるので、彼女はとても悩んでいます!

ああ、どうしたの?
男は女をぎっしり抱きしめたが、彼は何も言わなかった、そしてそれは女の心についてさえ心配したこの種の男だった。久しぶりに、女は自分を握っていた男の体が以前のようにきつくなくなり、徐々に柔らかくなっていくように感じた、そして女はついに男の声を聞いた。

小、、私は思い返す必要があるかもしれません。
ああ?
女は、男が何が起こったのかを彼女に説明すると考え、男が単に彼女に何も言わないと思ったが、彼女に尋ねないようにしたが、男が突然そのような発言をするとは思わなかった?男は食べに何をしますか?彼女が現在までに男に会って以来彼女は彼女の前で彼女を見たことがないようです!

それがどれぐらいかかるかを知りませんでした


「私は両親に、週末に私の両親が私の祖父と母親に会うように連れて行くことを約束したが、これは不可能かもしれない」
あるいは、それができたとしても、結果はおそらく彼らが以前に期待していたものにはならないでしょう。
「それは問題ではない、それは週末には動作しないでしょう。その後、多くの時間があるでしょう。私の両親は気にしないと思います!どうしたのですか。あなたは私に言いますか?」

男が喜んで彼女に言いたいのであれば、女は静かに男と同行して聞きたいのであれば、女は静かに男と同行して何も尋ねません。なんでも。


起こったことが原因ではない場合、男が確実にこのような状態にならないとは限りません、女がしばらく男と一緒にいたということだけではありません。全然わからない!
陽翔は、ミュウイを見て、ちょうど、賞賛するためにこの問題について考えていなかった、陽翔はこのことについて話を始める方法を知っていないようですが良いです!
「あなたがそれを言う方法を知らないなら、それを言わないでください、それは問題ではありません!」
女は男の現在の気分を非常によく理解しています彼女はかつてこのようなことをよく話していますが、どこから始めればよいのかわかりません。さらに、まるで男がいつも彼女を尊敬していて、やりたくないことを絶対にやらせないようにしているようなもので、男に対する彼女の態度も同じです。
「大丈夫、心配する必要はありません。ただ、見たくないものが見つかる可能性があります。」

その面倒さから

男は、そのようなものがまだ彼の家族からのものであることは言うまでもなく、女にそのような残酷なものを見させることを決して考えませんでした!男は少しでも心配し始めましたが、すべてを知った後、女は彼から何らかの疎外をするのでしょうか?
「とにかく、あなたがいなくても、何が起ころうとも、あなたは私の側で私を守ってくれるでしょう?」
男の言葉、女はおそらくそれが男の母親の事柄に関連しているべきだと想像させてください、ちょうど、男の反応を見てください、私は問題の真実が彼女が想像するよりはるかに深刻であることを恐れています!
おそらく、過去にそのようなことに遭遇したとき、女の心はまだ心配していました、しかし、彼の周りに男があることを知った後、女は男が彼女と一緒にいるかのようにもうそのような心配をしないでしょう。一方、彼女はすでに大胆不敵です。女の言葉、男は一瞬でほっとしました、女は一般的な女性ではありません、彼の派手な女性です、彼の女性がどのように普通の女性と同じくらい表面的になることができます!

「心配しないでください、私がそこにいる限り、私はあなたに何かを手に入れさせないでしょう」

「さて、それから私は私の両親に最初に、そして彼らがおじいちゃんと会う時を知らせ、別の取り決めをしましょう!しかし、私の母は彼女の母に会うのを楽しみにしています。」
女氏は、彼の顔は微笑んでいると言った、その前の雰囲気は少し重いように思われたし、リラックスした雰囲気を望んでいたという言葉が終わった後、女の心はしばらく後悔し始めた。話題はリラックスした雰囲気です!男は、彼女がこれを言ったとは思わないだろう、実際には、彼は不平を言っています!
「ああ、私は私の母を迎えに行くつもりです。」

結婚式に行くかどうか確信が持てなかったので

女はまだ男が怒っているのではないかと心配していたが、男に説明を説明することも考えていたが、突然男がそのようなことを言うのを聞くとは思わなかった!男、彼は突然どのようにして彼の母親を迎えに行くことを考えられるでしょうか?

あなたは病気のため、葵は家族の中にいました、病院でさえ行かなかった、それは家族によって家で治療するように勧められた医者であり、そして今、男の意味は絶対に許さないことです葵は元の部屋から1つ変更しましたが、葵を家の外に出したかったのです。元の妻がこのような姿になったとしても、彼はいまだにあきらめていません。誰もが徐々に許しています。!
しかし、初めから母親の病気に問題があるのなら誰がそれを考えることができます!煜辰慕贺は、彼の心地よさをささやくことを除いて、目がすでに赤くなっていた男を見ました、女は彼が現時点で何を言うべきか知りませんでした!男によると、それが単純で正直で、それが本当に最初から問題になっているのであれば、犯人の背後にいる人は明らかです。何年もの間、誰かが隠蔽することがどれほど成功しているかを見るのに十分疑う人は誰もいません!しかし、これがもっと当てはまるならば、男の心は彼が自分自身を非難するだけであることを恐れています!息子として、彼の母親は何年も苦しんでいましたが、彼はそれに気づきませんでした!


「ああ、私の母の状況は間違いなく良くなるでしょうね」
男の言葉は女からのアドバイスを求めているように思われます、そしてそれは彼がどうしてもそれを受け入れることができないことを自分自身に思い出させるようです。
「はい、私の母は元気になります、それはそうなるでしょう!」
女は、男の母親はとても親切で、神は彼女にとってそれほど残酷ではないと確信しています!さらに、女は葵だけがより良くなると期待されるだろうと信じることができるだけです、さもなければ、男は彼がこの人生で自己責任に陥るのを恐れています!

「母親を引き継ぐとき、母親が同行するために母親がやってくるのではないかと心配する必要があります。」
男は、葵が前回女を見たとき、彼女を悠人の初めての状況であると認識したことを今でも覚えています葵の心の中心では、若者の記憶は非常に深いものです。初めてお連れする場合は、ジェーンが回復する可能性はさらに高くなります。
「心配しないで、私の母は悩みを感じないでしょう。あなたは週末にあなたの母を迎えることを計画しています、私はあなたに同行します!」


その面倒さから 結婚相手は彼が想像したものとは多少異なるようです。 結婚相手は彼が想像したものとは多少異なるようです。